ポップサイコロジーClub

アクセスカウンタ

zoom RSS 困難

<<   作成日時 : 2008/09/19 01:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

 ダイアーによれば,困難は悟りにいたるための「触媒」なのだそうです。


【ここから本文(・∀・)】

さて,久しぶりに取り返しのつかないことでもしてみようかな...。



ガ━━━━━(゚д゚)━━━━━ン!



取り返しのつかないことを...orz

1年前にも同じようなことをやってるのにまた...。
自分はぜんぜん進歩してないんだろうか...。
深夜だけどちょっと樹海行ってきます...。

...とも思ったが,気を取り直してたまたま机の上にあったダイアー本にパラパラッと目を通してみた。
少々長いけど引用する。


人生の一部である苦しみや困難を,ありがたく思うことの意義に気づきなさい。

困難な状況には,苛立ってしまうほうが楽な場合もある。だが,そうしてしまわないで,困難は悟りの境地にいたるための触媒なのだと考えるように努めなさい。

あなたが人の親切のありがたみや,愛の持つ力を知っているのは,おそらく過去に何かつらい経験があるからだろう。そういう経験がなければ,今のあなたもなかったはずだ。

たとえば,何かの中毒によって,清らかでいることの大切さがわかるし,怒りによって愛の喜びを知り,無礼によってありがたく思うことの大切さを知ることができる。

また,欲張る心からは,人に与える喜びを教わることができる。そしてあなたは,自分の痛みから他人を愛することを知ったのである。

一度水ぼうそうにかかったら,もう次にはかからない。それと同じように,一度何かつらい体験をすれば,二度とつらい思いを味わわないように気をつけるだろう。

人生には試練がつきものである。その試練を恨むのではなく,ありがたく感謝しなさい。

(ウェイン・W・ダイアー『「いいこと」が次々起こる心の魔法』より)



さっきの樹海は冗談だが,中学生の頃,イジメにあって本気で死のうかと思ったことがある。
(イジメ自体はやり返したら嘘のみたいになくなった)

その頃は毎日が本当につらかった。

でも,今は相手(2人)を恨むどころか感謝している。
少なくとも今の自分は弱い立場の人を攻撃する気にはならないし,そういう人たちの気持ちが痛いほどわかると思ってる。


素晴らしいプレゼントをありがとう。

【写真:オーストラリア/サンシャインコースト】


画像


結局,今年の夏休みは海外に行けなかった。

旅行会社からアメリカ西海岸とか済州島とか添乗依頼はあったのだが,結局スケジュールが合わなかった。

ということで,googleマップのストリートビューを使ってオーストラリアの懐かしの場所に束の間の海外旅行...。


そういえば先日スー(スーザン)からメールきてたし,ストリートビューに写ってないかな...?


こうやって仕事中にオーストラリア行ってたのは,実は内緒。




★メンタルヘルスランキングで元気が出る記事を探す。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
>困難は悟りにいたるための「触媒」
まさにその通りです。
yurika
2008/09/21 13:56
お久しぶりです☆
困難を感謝できるように・・・
なるまでには私はまだまだな気がします(-_-;)
でも気持ちの切り替えって大事ですよね。
pico
2008/09/21 17:58
お休みされてからもよくブログはのぞかせていただいてました。
更新されていたので、うれしいやら・でもかなりびっくり!
その人に乗り越えられない困難は起こらない、その人にとって必要だからやってくる。。という言葉をきいたことがあります。
困難は、来たときはつらいけれども、きっとあとで感謝できるような出来事となって現れるのだと思います。。。。


人にはn
aqua
URL
2008/09/21 22:38
゜+.☆ yurikaさん ☆.+゜

こんにちは(・∀・)
コメントありがとうございます。

困難をバネにして「悟り」に
到達できたら素晴らしいですよね。

同じ失敗を繰り返す自分には
ハードル高いですが...。
masa
2008/09/24 23:29
゜+.☆ picoさん ☆.+゜

お久しぶりです(・∀・)

ハードな経験があってすぐに
それに感謝できる人なんて
そんなにいないと思いますよ。

たぶんたいていの人は
ショックが癒えてから
しばらくしてそんな心境に
なるんじゃないでしょうか。

>気持ちの切り替えって大事ですよね。

同感です(・∀・)
masa
2008/09/24 23:35
゜+.☆ aquaさん ☆.+゜

ごぶさたしてます<(__)>
あれから何度かきていただいて
いたんですね。
ありがとです(・∀・)

更新は,まぁ気まぐれです。

>その人に乗り越えられない困難は起こらない

そう考えることで,どでかい失敗
やらかしてもなんとか立ち直れそう
ですね(笑

>その人にとって必要だから

これは本当にそうだと思います。
試練から学ばないと,同じような
ことが時間と場所と当事者は
替わっても起こり続けると思います。

それは「追試」だと思うように
してますけど,やっぱり遠慮
したいですね。
masa
2008/09/24 23:46
久しぶりに、ブログ更新嬉しいです。
私はまだまだ感謝するまでは開眼出来ていません。そんな事もあったなあ、そんなかわいそうな人とも出会ったなあ、と、思う事は出来るのですが…修行が足りませんです。ハイ。あっ!でも、悩んだから、こちらのブログと知り合えたのか…!!感謝できるかもっ!!です。
ジラフ
2008/09/27 11:11
゜+.☆ ジラフさん ☆.+゜

お久しぶりです(・∀・)

ある程度時間がたって
心が癒えてからでないと
なかなか感謝とまでは
いきにくいですよね。

自分の場合は単純で
メリットとデメリットを
後で比較してみると
メリットのほうが大きいと
感じたんです。

ま,でも現在進行中の
ストレス要員には
しばらく感謝できそうに
ないです(苦笑

>感謝できるかもっ!!です。

masaも感謝です(・∀・)
masa
2008/09/29 23:25
おはようございます。
masaさん!! とっても感激です。

人生に無駄はひとつもありません。
「清濁あわせ飲む」〜観点により見え方が全く違うのですよね。。。

自分の意向とは別に進まなければいけないことも人生にはありますが、超えられない試練はないと思います。

自分だけが正しいと思って行動すると人を裁いている危険性があるし、相手が間違っているといって攻撃するのは、小さすぎる世界です。
自分の主張に反対する意見がでたら感謝すべきですよね?!

ごめんなさい、今こんなことを考えていました!!
みやび
2008/10/03 11:05
゜+.☆ みやびさん ☆.+゜

おはようございます。
ありがとです(・∀・)

>相手が間違っていると

攻撃はしなくてもそう思って
しまうことって結構あります。

知らず知らずのうちに他の
人に対して,自分の思い通りに
ふるまわせようとしてたの
かもですね(反省)。

こういうことが起きてほしい

とか

こうふるまってほしい

とかじゃなくて,起こってる
ことをありのままに受け入れ
られる人間でありたいなって
感じました。
masa
2008/10/05 10:37
>でも,今は相手(2人)を恨むどころ
>か感謝している。
ホントに触媒になったんですね。でも悟りにいたる為の触媒にするには、かなり本人の心の強さ、プラス思考がないと難しいです。私は、いじめではないですが、過去に酷いことをしてきた人たちには、今でも根に持ってたりします(笑)
その恨みをバネにして、がむしゃらに頑張った時期もありましたが、それってマイナスをプラスに転じたことになるんですかねぇ?、だったら感謝すべきなのかなぁ…???
わからなくなりました(爆)
さり
2008/10/19 15:35
゜+.☆ さりさん ☆.+゜

ありがとです(・∀・)
もちろん自分は悟っては
いないんですけど,
当事者というよりは
そのハードな経験に感謝
という感覚ですね。

>今でも根に

悪質なケースだとなかなか
忘れられないですよね。
でもそれをバネにできたなら
確実にさりさんはプラスに
転化できてると思います。

素晴らしいと思いますよ。
masa
2008/10/22 00:03
はじめまして。
サークルから参りました。
昨日,仕事でとても落ち込んだことがあったのですが・・・
ここへ来て,これを読ませて頂き,心がとても楽になりました。
どうもありがとうございました。
またお邪魔させて下さい。
人魚姫
2008/10/26 10:51
゜+.☆ 人魚姫さん ☆.+゜

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます(・∀・)

お役に立てたみたいで
うれしいです。

更新は不定期ですが
よかったらまたお越しください。
masa
2008/11/03 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
困難 ポップサイコロジーClub/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる