ポップサイコロジーClub

アクセスカウンタ

zoom RSS 第11番目の鍵

<<   作成日時 : 2009/08/22 22:49   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 ロバート・シャインフェルドによる夢を実現するための「第11番目の鍵」をご紹介します。


【ここから本文(・∀・)】

類は友を呼ぶ」ということなのか,不思議と自分の周りには夢を追うタイプの人が多かった気がする。

」といっても人それぞれだが,ある人は「オーストラリアでお好み焼き屋(広島風)をやりたい」とか,また別の人は「アジアで屋台を持ちたい」とか。「夢を追う」というより単に食べることが好きな人が集まってただけかもしれないが,ともかく大きな目標をもっていた人が周囲にいた。

自分が働きながら大学院に通うようになると,その語られる「夢」が「司法試験合格」とか「研究者」にシフトしていった。それはたまたまそういう環境にいたということだと思うけれども,現在でも仕事の関係上,研究者志望の人と話す機会が多い。そういう人たちも含めてたくさんの「夢のある人」を観察すると,だいたい3つのタイプに分けることができるように思う。

1つめのタイプは,半ばあきらめつつ,かといって撤退もせずに夢を追うタイプ。
2つめは,無邪気に夢の実現を信じるタイプ。
そして3つめは,合理的に,まるで将棋で相手を追い込んでいくように一歩一歩着実にゴールに近づいていくタイプだ。

自分はこれらでいえば1のタイプだが,経験的にいえば3のタイプがもっとも夢を実現しているように感じる。最近,友人が国立大学の教員に採用されたのだが,彼女もこのタイプだった。

過去記事(信念の魔術)にも書いたのだが,よく自己啓発本にあるように願望を「紙に書く」だけで実現するという話は,あまり真に受けないほうがよいのではないかと思っている。もちろん「夢ノート」みたいに自分の夢をノートに書き連ねていく作業はそれ自体楽しいし,実現をある程度後押ししてくれるのではないかと期待しているけれども。

ロバート・シャインフェルドによると,これまでに多くの本で紹介された,事業の成功や富を手に入れる方法とは,たいてい以下の10の要素を組み合わせたり肉付けしたものであるという。

@願望
A信念
B引力の法則
C目標設定
D模倣
E明確で詳細な計画
F大きな行動をいますぐに起こす
G持続
H視覚化
I肯定的宣言

これらのうちBは,「引き寄せの法則」としてちょっと前にブームになったものだ。心に描いたものが周囲に引き寄せられる,というのは現実を変えたいと考える人(私も含め)にはとても魅力的な響きがある。

シャインフェルドは,これらの10の要素には,いずれも欠点があって,それだけでは夢を実現する力はないという。つまり11番目の要素(タイトルでは「鍵」となっているが)が必要なのだそうだ。その「11番目の要素」とは,「あなたの内なる協力者にお願いすること」だという。少し補足すると,「内なる協力者(インナーCEO)にお願いして,見えないネットワークを最大限に活用すること」といったところだろうか。


第11番目の鍵を使うと,ワープスピード(光速)で望みがかなう。ただしこれは必ずしも瞬時に望みがかなうという意味ではない。また実際にはワープスピードで進んでいるのに,あなたはそう感じないかもしれない。前の章で説明したように,情報分析,意思決定,計画立案にかかる時間は要望によって異なるのである。

あなたは自分の望みを明らかにして要望書を書く。インナーCEOはこれを承認し,見えないネットワークを使って情報を集めて分析し,意思決定を行い,実行計画を立てる。こうして準備がすべて整ったら,あとはあなたがワープスピードに切り替えるだけである。現実と理想の間にある溝をポンと跳び越えればいい。だがその前に,もう1つ解決しなければならない問題がある。

たとえばインナーCEOが作成した実行計画のなかで,あなたは望みをかなえるために3つのアイデアを得て,2人の協力者と知り合い,ある決まった戦略を使うことになっているとしよう。コントロールルームにいるインナーCEOは当然,3つのアイデアが何で,2人の協力者が誰で,彼らがどんな協力をして,あなたがどんな戦略を使わなければならないか知っている。

だが問題は,それをどうやってあなたに伝えるかである。インナーCEOはあなたに3つのアイデアを発見させ,協力者に引き合わせ,必要な戦略を見つけ,そして実行の方法とタイミングを正しく選ばせなければならない。前にも述べたように,インナーCEOだからといって,ただ指を鳴らせば即座に完璧に計画が進むというわけではない。

(ロバート・シャインフェルド『第11番目の鍵―富と成功への扉をあける』より引用)


過去記事(信念の魔術)では,願望の実現は「論文の投稿」に似ているのではないか,と書いた。この思いは変わらない。紙に願望を書く(=要望書)のは「はじまり」であって,大事なのはその後に見えないネットワークから与えられるヒントを確実に受信して,それを愚直に実行していくことではないだろうか。自分もささやかな夢をもっているのだが,ただそれを紙に書いて待っているだけでは,残念ながら永遠に実現することはないだろう。

毎日,コツコツとやるべきことをやっていくしかないようだ。見えないネットワークの協力が得られるように。


【写真:スイス/クライネ・シャイデック】


画像


まさか教員の仕事を続けながら,再び添乗ができるとは思わなかった。

教員になってからも,以前仕事をしていた旅行会社から再三,添乗依頼があった。ありがたいことだ。とはいっても実際には難しいと思っていたが,職場の出張に関する規定を調べてみたら所定の手続きを踏むことで可能であることがわかった。

ということで,久々の出張は以前にもガイドなしの手探りで訪れたスイス

今回は,一度経験していることもあってちょっとだけ余裕。

画像


昼食は例によってアルペンマカロニ。今回はビールは注文せず(ワインですが,何か?)。

画像


登山鉄道ユングフラウヨッホ駅のスフィンクス展望台から。

画像


快晴なので氷河の眺めも最高。


ふもとのグリンデルワルドの駅では,2日前に同じホテルに宿泊していた他社の若い男性添乗員と再開した。爽やかイケメンな彼が,どうも表情に余裕がないような気がしたのだが,気のせいではなかったらしい。

登山鉄道では同じ車両だったので話を聞いてみると,乗車するためのチケットに引き替えるバウチャーや,旅行中のアイテナリー(英文の日程表)など,もろもろホテルに忘れてきて,乗車できるかどうかもわからず内心ドキドキしてたそうだ。

いやぁ恐ろしい。その気持ち痛いほどわかります。このトシ(25歳?)になっても,もっと大きなミスを連発している身としては。




★メンタルヘルスランキングで元気が出る記事を探す。






第11番目の鍵―富と成功への扉をあける
PHP研究所
ロバート シャインフェルド

ユーザレビュー:
これは古くて新しい。 ...
もしかして1年位前に ...
実行して初めて、内容 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>職場の出張に関する規定を調べてみたら所定の手続きを踏むことで可能であることがわかった。
そういうことだったのですね!
それにしても素晴らしいです。
夢をかなえながら。まだまだ地球のいろんな
とこ見て回れるんですね。写真見てると涼しくなれました!
私の「鍵」はどこどこ?(笑)
さり
2009/08/23 15:38
゜+.☆ さりさん ☆.+゜

そうなんですよ。
基本的に授業に重なっちゃダメ
という制約はありますが,
とりあえずまた添乗に出る
ことができるようになりました。

なので年に2回か,せいぜい
3回くらいが限度です。
でもそれで十分です(・∀・)

>私の「鍵」はどこどこ?(笑)

きっとすぐ近くでさりさんに
見つけられるのを待ってるんだと
思いますよ(笑)
masa
2009/08/23 18:56
出張で、好きな添乗のお仕事ができて本当によかったですね〜

スイスか〜行ってみたいです。

夢、
やっぱりあったほうがいいと思います。

叶うに越したことはないし、叶ったほうがいいし、叶うべくコツコツ努力をすることが大事だと思いますが
まずは、夢を持たなければ。
何にも始まりませんもんね。

やっぱり、コツコツ・・そうするといろんな協力者が得られるような気がします。。
ん〜〜やっぱり引き寄せを信じてしまう私です。。
aqua
URL
2009/08/23 21:59
゜+.☆ aquaさん ☆.+゜

ありがとです(・∀・)
スイスは快適でしたよ。
軽装だったのでちょっとだけ
寒かったですけどw

>まずは、夢を持たなければ。

確かに,夢のない人生なんて
面白味に欠けるかもですね。
今日,ちょっと話をしてて
思ったんですが,夢っていうのは
たくさんの経験を重ねることで
より明確になっていくものなの
かも知れません。

>やっぱり引き寄せを信じてしまう私です。。

自分も信じてますよ。
シャインフェルドの本では,

「現実には何でも引き寄せられるとは
 限らない」

とあります。もしかしたら,
見えないネットワークによって
引き寄せられるものが制御されて
いたりして,なんて思いました。
masa
2009/08/24 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第11番目の鍵 ポップサイコロジーClub/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる